どろあわわで硬い泡をつくるには、水分を少なめにしましょう!

どろあわわの上手な泡の作り方

どろあわわの泡は普通の石鹸の泡と違い弾力性があります。

 

普通の石鹸や洗顔フォームは一生懸命泡立てたとしてもすぐにするっと手のひらから流れ落ちていきます。

 

しかし、どろあわわの泡はボリュームと弾力性があるので手のひらを下にしてひっくり返しても手のひらに吸着してこぼれ落ちません。

 

このクリーミーで弾力性のある泡が優しく肌を包んでクッションの役目をしながら汚れを洗い流していくので肌に負担を掛けることがありません。

 

また、この泡にはマイナスイオンの力がたくさん含まれています。このため毛穴奥の皮脂汚れやメイク汚れを吸着して洗い流すことができるのです。

 

毛穴奥の汚れは普通の洗顔石鹸やフォームではなかなか洗い落とすことができませんが、どろあわわなら肌に負担を掛けることなくきれいに落とすことができます。

 

どろあわわの効果を最大限に引き出すためには泡立てを十分に行う必要があります。手だけでは十分に泡立てることが難しいので、どろあわわを上手に泡立てるには泡立てネットを使うことをお勧めします。

 

まず、泡立てネットをぬるま湯に浸して軽く絞ります。

 

次に、泡立てネットの上にどろあわわを1センチほど容器から押し出します。

 

そして、空気を揉み込むようにして泡立てネットをクチュクチュと揉んでいきます。

 

すると徐々にどろあわわのクリーミーな泡が出来あがっていきます。

 

弾力のある泡が出来上がったら泡を手にとって下に向けてみます。この時泡が落ちなければ完成です。先にも言いましたがどろあわわの効果を十分に発揮するには泡立てが大切なのです。

 

ちなみに、水の量が少なければ少ないほどしっかりした泡になります。上手くできなかった人は泡立てネットの水の量を調整してみてください。